鉄筋とは

そもそも鉄筋とはなんだろう?
鉄筋博士が詳しく解説します。

リーフ

博士、こんにちは!

農業部門のベジファクトリーから来ました、
グリーンリーフのリーフです。
今日は鉄筋について詳しく知りたくて来ました〜♪

博士

ほう・・・はるばるベジファクトリーから来るなんて、なかなか勉強熱心じゃのぅ。
鉄筋についてじゃな。
そもそもリーフちゃんは、鉄筋とは何か説明できるかね?

・・・・・。

よしわかった!そこからじゃな!

鉄筋とは?

博士

鉄筋とは、コンクリート建築の心(しん)に入れる鉄棒のことじゃ。
世間一般では、鉄筋コンクリートの言葉でよく知られておるのぉ。

リーフ

鉄筋コンクリートって聞いたことあるよ!
でもよく考えてみると、鉄筋そのものってあまり見たことがないかも・・・。

それもそのはずじゃ!
なぜなら鉄筋はコンクリートの中にあるため、普段の生活ではほとんど目にすることはないじゃろ。しかし実はワシらの生活の身近なところで使われているんじゃよ。

へぇー!どんなところで使われているの?

ほれほれ、リーフちゃんが毎日通っているあそこじゃよ。
当ててごらん。

えーと、毎日通っているところといえば・・・
あ!もしかして学校?

それも正解じゃ!!!
でも学校に行くまでの道、道路の下にも使われておるぞ。その他にもビルやマンションなどの大規模な建物、木造住宅や鉄骨造の基礎部分、それに高速道路や橋を作るためにも用いられているんじゃ。
このように鉄筋は、表立っては見えんが、ワシらの暮らしの中で、とても重要な役割を果たしておるのじゃよ。

わぁ~!身の回りのあちこちで鉄筋が使われているんだね。
見えないところで重要な仕事をしている鉄筋ってかっこいい!!

鉄筋の種類

博士

鉄筋についてもうちょっと詳しくなってもらうために、鉄筋の種類について説明するじゃよ!鉄筋には、主に異形鉄筋と丸鋼という種類があるんじゃ。

リーフ

なんて読むの?漢字がむずかしくてわからないよ~

「異形鉄筋(いけいてっきん)」と「丸鋼(まるこう)」じゃ。
まず、異形鉄筋とは、「リブ」や「節」と呼ばれる凹凸の突起がついた鉄の棒のことじゃ。

ほんとだ!節があるね!じっと見てるとなんだかきれいだなぁ~

それに対し、丸鋼は、リブや節がなくつるつるしているんじゃが、異形鉄筋の方がコンクリートへの付着力や定着力を高めるのが得意なんじゃ。そのため、現在ではほとんど丸鋼は使われなくなったんじゃよ。
鉄筋を見る機会があれば、その形状もよく観察してみることじゃ。

そっか!ひっかかりがあるとくっつきやすいね!